美容学校って何を学ぶ学校なの?知っておきたい基礎知識を分かりやすく解説

このサイトでは、何となく知っているけれど詳しくは知らない「美容学校って何を学ぶ学校?」という基礎知識を分かりやすく説明していきます。
また、一言で美容といっても様々な職種が存在することを併せてご紹介します。
高校卒業時の進路として美容系のお仕事に就きたい方が就職するか、進学するかなどのお悩みも解決できるように、専門学校と大学との違いや資格の種類なども説明いたしますので、進学や将来の夢に役立ててください。

美容学校って何を学ぶ学校なの?知っておきたい基礎知識を分かりやすく解説

美容学校とは、美容師をはじめネイリスト・メイクアップアーティスト・エステティシャン・美容部員・アロマセラピストなどの基礎知識を学ぶことができます。
進学する費用をかけたくない方やすぐに現場で学びたい方は就職することをお勧めします。
専門学校に進学するメリットとしては、美容の現場で役に立つ実践的な授業をたくさん受けられるということです。
大学に進学するメリットとしては、美容に関してだけでなく将来の選択肢が広がるという点です。
美容学校の多くはプロを育てる目的にしているので資格取得にも繋がります。

まずは美容学校で学べることを見ていこう

自分はメイク、ファッションやヘアスタイルなどに興味があり、それをもっと専門的に勉強したいというときには、どこで学ぶことが出来るでしょうか。
ただ好き、興味があるというだけでは、それは自己流に過ぎず、その知識を得て応用していくためには美容学校で学ぶことがおすすめです。
では美容学校ではどんな学習をすることが出来るのでしょうか。
例えばいろいろなコースがありますが、単にメイクやヘアスタイルといた物だけではありません。
学べることが出来るものの中には、まつ毛のエクステやネイルといった細かいものもあります。
自分では道具をそろえなくては勉強できないものも、しっかりと学習することが出来るので、今後の就職にも役立ちそうですね。
また化粧品の成分について、アレルギーについてなど基礎となるものも勉強することが出来ます。
好きだけではなく、専門家として、プロとして活躍できることを習得できるかに注目して学校を調べていきましょう。

美容学校の学費はどれくらいかかるの?

美容学校の学費は学校自体の違いはもちろん、選択する課程によっても変わってきます。
美容学校は昼間。
夜間・通信と3つに分かれているのが特徴です。
各課程によって平均的な相場は違ってくるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。
この3つの中で最も平均金額が高いのが昼間課程です。
相場は200万円~300万円となっています。
次に高額なのは夜間です。
夜間の平均相場は数十万円~100万円です。
通信は60万円~70万円が平均的な金額となっています。
授業スタイルにカリキュラムだけでなく、このように学費の相場も大きく変わってくるため、自分に合った課程を選ぶことが美容学校に進学する際には大切です。
昼間課程は他の種類より金額が高くなりますが、奨学金制度を利用して金銭的な負担を軽減することも可能となっています。
金銭的な理由から美容学校への進学をあきらめようと考えているのであれば、奨学金制度を利用することも検討してみましょう。

美容学校には何歳から何歳まで通えるの?

社会人を経験してから美容師を志したいと思う人もいるかもしれません。
そうした場合に気になるのは「美容学校に年齢制限があるのか?」ということでしょう。
実際には美容学校には、年齢制限は設けられていないためにどの世代の方でも通うことは可能です。
つまり、「美容師になりたい」と思った時に必要な試験をクリアすることで夢を実現へと近づけることができるのです。
ただし、国家資格となる美容師の免許を取得できるのは美容学校の高等課程を卒業できる18歳以上となっていますので、18歳以下の方は実質的に美容学校には通えないこととなります。
どんな世代の方でも通うことが可能といっても、現実は生徒の約9割が高卒者であり10代の子が多いので、20代や30代、または40代以降の方が通う場合には授業でわからないことを聞いたり、技術的なことを練習しあったりといった関係性を築くためにも、ある程度のコミュニケーション力があったほうがよいといえるでしょう。

美容学校にもオンライン講座はあるの?

美容業界で働こうと考えて、美容学校に進学しようと考えている方が結構いると思われます。
ただ、日本でも新型コロナウイルスの影響が出ていて、都市部では外出を控える動きが出ているため、オンライン講座を利用したい人がいるはずです。
インターネット環境があれば自宅でも受講することができるので、なるべく外出したくない方に適しています。
美容学校もオンラインで授業をするところが増えていますが、実習は直接教えてもらった方が良いです。
webを介しての指導だと教える側も難しいですし、生徒も必要な技術を身につけることができません。
座学に関しては通学しなくても大丈夫ですが、実習は実際に教えてもらえる美容学校を選ぶようにしてください。
高い技術が身につけられるのも特徴なので、中途半端な技術で卒業することのないように、クオリティの高いところを選ぶことが大事です。
2年間で200万円以上の学費がかかってしまいますが、多少費用が高くなっても許容するべきです。

美容学校に関する情報サイト
知っておきたい美容学校

このサイトでは、何となく知っているけれど詳しくは知らない「美容学校って何を学ぶ学校?」という基礎知識を分かりやすく説明していきます。また、一言で美容といっても様々な職種が存在することを併せてご紹介します。高校卒業時の進路として美容系のお仕事に就きたい方が就職するか、進学するかなどのお悩みも解決できるように、専門学校と大学との違いや資格の種類なども説明いたしますので、進学や将来の夢に役立ててください。

Search